遺品整理:実家の片づけでは、パニックに陥らないよう自分なりのルールを決めろ!




実家の片付けをスムーズにこなす為には「作業日程表の作成が必須だよん・・・・」と、以前の記事で書いたけど、難しく考えることはなく、簡単でいいんだよ!

例えば、①:片付けに要する日数は全部で10日としよう②:最初の3日間は両親や兄弟との思いでの品を選別しよう③:次の3日間は捨てるべき物(不要品)の仕分けをする④:残りの4日間は、不要品の廃棄作業をしよう・・・・・などなど

上記のような感じで、「やるべき事」と「実際にかかるであろう日数」を書き出してみること!

作業日程表が「ある」のと「ない」のとでは、片付けの進み具合が数倍違うので、何から手を付けたら良いか迷っているのであれば、是非、作ることをおすすめするよ!

ここまでが、以前の記事の概略・・・ 詳細はコチラをクリックしてね!

でね、今回の記事では「よしっ 作業日程表はでけた・・・ 実際に片づけしてみよう」と意気込んでいるあなたが、片付けの途中で意気消沈し燃え尽きてしまわないよう「作業の進め方」について、書いてあるので参考にしてちょうだい!

片付け作業の進め方は、お住まいの地域が発行してる「家庭ごみの出し方・分け方」を参考にしろ!

親と同居しているのであれば、まだしも、別々に暮らしているのであれば、親でさえ他人と同じようなもの・・・・

「テレビのリモコンの置き場所は?」「衣類をしまう場所は?」「冷蔵庫にある調味料の賞味期限はいつ切れるの?」 などなど・・・ 一緒に住んでいなければ、何がドコにあるのか見当もつかないことが多いよね?

ドコに何があるかも判らない実家の片づけ作業って、ホント大変なんだよ(~_~;)マジデ

でもね、「判らないから全部捨ててしまおう」と考え、分別作業をせずに処分しようとしてはダメ!

どんなにやる気で満ちている人でも、終りのない作業をやり続けることはできません!

いいですか・・・ 分別作業のない片づけとは、Aの場所からBの場所へモノを移動しているだけなんだよ!

なので、目の前のゴミを片づけ終えたと思っても、振り返ればゴミが山積みになっているという悪循環に陥ってしまう(ToT)サイアク

そうではなく、お手本として、あなたの実家のある地域が発行している「家庭ごみの出し方・分け方」に書いてある分別方法を参考にしてみること!

以下の画像は「千葉市の家庭ごみと資源物の出し方一覧表」だけど、ゴミと言っても細かく分別されているのがわかるはず!

千葉市の家庭ごみと資源物の出し方一覧表

参考:千葉市:家庭ごみと資源物の出し方一覧表

まぁ、何から手を付けたら良いか分からなければ、千葉市の家庭ごみ・・・一覧表を参考にして、手始めに「資源物」「可燃ごみ」「不燃ごみ」「有害ごみ」「粗大ごみ」といったカテゴリ別に分別しながら片づけしてみると、メリハリができて作業が前に進みやすいでしょう!

ただし・・・・・ これだけでは、まだ片づけ作業の効率が悪い、なので、作業が早くなる、とっておきの方法を2つほど紹介したいと思います! 興味あれば参考にしてね!

その1:ひとつの部屋を集中して片付けする。終われば次の部屋に移る!

あのね、片付け作業に慣れてない人ほど、一気に片付けようとするクセがあるんだよ! 

あなたはどうでしょう? 一気に片付けようとしません?

ダメよ~ ダメ・ダメっ (*ノェノ)ダメェ 

普段、片付けに慣れてない人が一気に片付けようとすると、ものの30分ほどでやる気が失せ、作業をヤメてしまうことに・・・・

そうではなく、まずはひとつの部屋から片づけることに集中して! 

ただし・・・ 最初は居間や台所といった大きな部屋ではなく子ども部屋や夫婦の部屋など小さない部屋から片づけを始めること!

部屋ごとに片づけるメリットとして、1箇所でも片づける場所が減るので「やったぁ・・ひと部屋は終わった。」と達成感を味わうことができること!

わたしを含め、人間って、ひとつの作業を延々と繰り返していると飽きてくるんだよ!(まぁ、なかには、延々とやり続けることが出来る異端児もいるけどさ)

片付け作業も一緒で、全部の部屋をひとくくりにして片付けちゃうと、前の見えない片づけ作業に飽きちゃって、やる気が失せてしまうのは仕方がないの!

いいですか、片付け作業で大切なこと「いかにやる気を持続させるか」なんだよ!

どうすれば「やる気が持続するのか」と考えた結果、片づけ作業を部屋ごとに分別し、無理のない作業をすることで、こまめな達成感を味わうことができるようになる!

ある意味、部屋ごとに片づけ作業を行なうのは、面倒くさがり屋さんにとって、うってつけの方法なの( ´Д`)=3ワカル?

それに、ひとつの部屋が片づけば、一時的に他の部屋の不要品を置くことも可能になるというメリットもでてくるんだよ!

なお、部屋ごとに片づけ作業をする場合、部屋中の不要品をまとめて取り出すのではなく、服なら服、神なら紙、電化製品なら電化製品・・・・・と、カテゴリ別に分別して片づけるようにすると、不要品が散乱せず作業がはかどるぞ!

その2:衣料品だけ、電化製品だけ、不燃物だけ・・・・と、カテゴリ別に片づけ作業を行なう

これから紹介する片づけ方法は、ある程度片づけ作業が慣れている場合に参考にしてもらいたい方法ですね!

さきほど紹介した片づけ方法は、個別の部屋ごとに片づけ作業を行なう方法でしたが、この方法は、家全体をひとつと考え、そのうえで、服やズボンなどの衣料品は衣料品、テレビや電灯などの電化製品は電化製品、マンガや小説、雑誌などの本は本・・・と、家中のあらゆるモノをカテゴリ別に分別して片づけ作業を行っていく!

ポイントは、あなたの実家のある地域が発行している「家庭ごみの出し方・分け方」に書いてあるカテゴリ別に分別し、収集日にまとめてゴミとして出すようにすること!

この片づけ作業でも、家中の不要品が目に見えて減っていくのが分かるのでやる気が持続しやすい!

ただし、この方法では家中の不要品の一気に片づけることになるので、マンションやアパート住まいの場合、不要品の置き場に困ってしまったり、大量にゴミが出てしまった場合、一度の収集日には出しきれない可能性が出てくること(-_-;)ウムー・・

まぁ、あなたが、後ろに荷台がある軽トラックを持っているのであれば、収集日に拘束されることはないので心配ないでしょう!

それに、軽トラックをお持ちなら、分別作業に飽きてきたとき、片づけ作業で出た不要品を収集所へ運んで処分すると気分転換にもなります!

最近のレンタカー事情は、リーズナブルなレンタル料金で軽トラックの貸出を行っているところも増えているので、運転免許をお持ちなら、必要に応じて軽トラックをレンタルするという方法もひとつの選択肢だよ!

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ