現在では、「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」「粗大ごみ」・・・・などと、ゴミの分別が指定されている自治体がほとんどではないでしょうか?

以前のように、何もかもゴミ袋にいれて出せば収集してくれるなんてことはなくなり、指定された日に指定されたゴミを分別して出さなければ、ゴミとして収集しない自治体が増えている(-_-;)マジデ

まぁ、よい方に考えれば『決められたルールさえ守れば、あなたのゴミを収集してくれる』ってことですが・・・

ほとんどの自治体では1メートル以内に収まるゴミであれば、行政のゴミ収集場所に出してもかまわないことになっているはず・・・・確認は必要(~_~;)

でね、この1メートルの長さって『45リットルのゴミ袋』の縦の長さを目安にするといい!

それに、45リットルのゴミ袋って、中に入れるゴミの重さにもよるけど、大抵の場合、大人の女性が不自由なく両手で持ち運べるサイズとなっている!

なので、実家の片づけで発生するゴミは、45リットルのゴミ袋にまとめておくと、持ち運ぶさいも疲れにくいのでおすすめ!

  • 片づけで使うゴミ袋のサイズは『45リットル』がとっても便利!
  • 1メートル以上のゴミは、小さくバラして処分してOK!

45リットルのゴミ袋に入りきらないゴミはバラして処分するとよい!

先ほども書きましたが、ほとんど自治体では『1メートル未満』のゴミであれば収集してくれるので、1メートル以上の物干し竿とか、大きなタンス、机などは細かくバラして45リットルのゴミ袋に入れ、指定の収集場所に出せばOK!

ただ、ひとつ注意してほしいのが、木材・金属・プラスチックなどを一緒のゴミ袋に入れてはダメ( ´Д`)=3ブンベツ

木材は木材、金属は金属・・・と、別々のゴミ袋に分けないと、1メートル以内のサイズでも自治体のゴミ収集車は持っていってくれないからね!

運搬費やゴミ処分費にお金を掛けたくないのであれば、ルールを守って捨てなければいけないよ(~_~;)マモル

おまけ:不要品はカテゴリ別に分けておくこと

お住まいの地域によって違いはあると思うけど、一般的に、不要品は8つのカテゴリに分類することができる!

(イ):木材 タンス・テーブルなど木製の家具、しゃもじ、おハシなど、

(ロ):金属 家電機器、包丁、ナイフ、フォーク、爪切り、エアコンなど

(ハ):  衣類、毛布、布団、カーテン、タオルなど

(ニ):紙類 新聞、雑誌、本など

(ホ):割れ物 ガラス、蛍光灯、、瓶、陶器の茶碗など

(ヘ): スチール缶、アルミ缶、殺虫剤スプレー缶など

(ト):プラスチック シャンプーやリンス・洗剤の容器、ペットボトル、お皿など

(チ):庭にある雑草や枯れ木など

片づける前に、ある程度、不要品をカテゴリ化しておけば、分別作業もスムーズに進むよ!