遺品整理:実家にあるアルバムや写真はデジタル化することで場所をとらず便利!




20年~30年前の暮らしでは、現在のように手軽に写真や動画を撮る環境が整っていなかったため、どの家庭でも子どもの誕生日や学校の行事などをカメラで撮影したり、ビデオカメラで記録して、アルバムやテープに残す家庭が多かったのでは・・・

そのため、膨大な量の写真を貼ったアルバムが何十冊もあるなんて家庭もあるはず(´;ω;`)

すこし前までは「必要な写真だけをアルバムから選んで持っていくように」とのアドバイスされることが一般的だったようですが、最近では、大量の写真をデジタル化して、どこにでも手軽に持ち運べることが可能となっているよ!

デジタル化の方法も様々で、スキャン機能付きのプリンターをお持ちなら、アルバムや写真を読み取ってデジタル化してしまえばよいし、「時間がない」「面倒くさいことはやりたくない」のであれば、有料で写真をデジタル化してくれるショップを利用するのも有りでしょう!

写真やアルバムを残すのは親のため?それとも・・・子や孫のため?

遺品整理を専門に扱うプロの中には、「実家にあるアルバムや写真の取り扱いに対し、本当に必要なもの以外はすべて廃棄したほうがよい・・・」といった考えをお持ちの人もいますが、わたしはそうは思いません!

新婚生活時代の二人きりの写真、子どもが産まれてからの家族の写真、子供達の成長記録・・・など、手軽に撮影できる今と違い、昔は、特別な日に写真を撮ることが多かったため、一枚一枚に沢山の思いでが詰まっていることがほどんどじゃないでしょうか?

両親にとって写真とは、過去を振り返り、思いでにひたる機会を得ることであり、子や孫にとっては、自分たちの知らない過去の時代に触れる機会でもあるんだよね!

なので、捨てずにすむのであれば、全て残しておくことがベストな選択肢だよ!

まぁ、他人に見せられない赤裸々な写真なら、あなたがコッソリと処分すればいいんだし(-_-;)

余談ですが、家族の写真って、必ず誰かひとりが写っていないことが多いよね「あれっ そういえばお父さんって全然写ってないよ?どこいったの?」なんて(-_-;)

参考までに、有料ですがきめ細かいサービスで写真をデジタル化してくれるショップはこちら  

ビデオカメラで撮影した動画テープもデジタル化して残しておくべき?

わたしとしては、ビデオカメラで撮影した動画についてもできるかぎり残しておいてほしい・・・ いやっ 残すべきでしょう!

想像してみてください!あなたの子や孫・・ひ孫が成人してから、何世代も前のおじいちゃんとおばあちゃんの姿と声を聴くことができるなんてスゴイことではありませんか?

まさに動画や写真でつづるタイムカプセルだよ! これからのタイムカプセルはスマートフォンで今の自分の現状と将来の夢を動画に残しておいて何十年後に見るなんてことがあたりまえに・・・(´;ω;`)スゴイ!

・・・ふぅ、とんでもない方向に話がむいてしまってすみません(TдT)

けれども、若い頃の両親の動画や幼いころのあなたが写っている動画が、デジタル化によって記録として残されていくって素晴らしいことだと思いません?

何世代先かはわからないけど、あなたの孫やひ孫がデジタル化された動画や写真をみることであなたの存在を知ることができるんだから・・・是非残しておくべき!

そうは思いませんか(*^^*)

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ