遺品整理:市区町村のゴミ収集車が運んでくれるゴミの大きさは1メートル以内!




実家を片づけでは、タンスやベッド、食器棚、クローゼット、冷蔵庫、テレビ台といった大きなゴミも出てくるよね?

普通に考えれば、大きなゴミの処分については、①:自家用車で運ぶ、②:業者に一括して委託する・・・といった選択肢があります!

ただ、大きなゴミを自家用車で運ぶには、荷台のあるトラックが必要になってくるけど、自営業でもないかぎり軽トラックを自家用車として乗る人ってあまりいないでしょう(^_^;)

かといって、業者に丸投げして委託すると、運搬費や手間賃が発生してしまう(-_-;)

もしも、あなたが軽トラックを持っていない、でも、ゴミにお金はかけたくない・・・というのであれば、第三の選択肢として自治体のゴミ収集車を上手に利用してみてはいかが(´;ω;`)

自治体のゴミ収集車は1メートル以内の物であれば引き取ってくれる!

今から紹介する知恵は、あなたにとって役立つことかも知れません!

ほとんどの自治体では、モノの大きさが1メートル以内であればゴミ収集車が引き取ってくれます!

なので、この条件を逆手にとって利用しない手はないぜ!

ちなみに、1メートルの目安には45リットルのゴミ袋の縦の長さが丁度あてはまる(´;ω;`)オボエテ

ということは、タンスやベッドなどの大きな粗大ごみは、小さく分解して45リットルのゴミ袋に入れて収集の日に出してOKなんだよね!

材料が木で出来ているタンスやクローゼットなどは、ゴミ袋に入るサイズになるまで、ノコギリで細かく分解して処分すれはよい!

物干し竿やホーキの柄なども45リットルのゴミ袋に入る長さにカタチを変えて、収集日にだせばゴミ収集車が拾いにきてくれます!

自治体のゴミ収集車を利用する場合、少々面倒くさかったり、時間をかけて作業しなければいけないなどの取り決めがあるけど、それでも構わないというのであれば、是非利用して経費削減を実行してみてはどうでしょう!

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ