遺品整理:実家がアパートや借家などの賃貸住宅の場合は複数人で一気に片づけたほうがよい!




アパートや借家などの賃貸住宅に住んでいた親が亡くなった場合、貸し主から「今月中に片づけて出て下さい!」と退去を宣告されたり、月々の家賃支払いが困難・・・などの理由で、遺品の片づけを余儀なくされるケースもあります。

なかには、親を亡くした直後は、ほとんどの人が親と過ごした時間を共有するからなのか、(実家を)片づけるのを躊躇する方もおりますが、時間の経過とともに、家賃の支払い、貸し主や隣近所からの苦言などが原因で、次第に「出なくてはいけない」と強迫観念に囚われることも・・・(汗)

そうはいっても、アパートや借家といった賃貸住宅といえど、親と過ごした思いでがある場所には変わらないため、一人で片づけるとなると、なかなか前をみないことがほとんど(-_-;)

なので、実家がアパートや借家といった賃貸住宅なら、いつまでに退去すると期間を定め、親戚や友人もしくは業者を頼むなど、複数人で一気に手を付けたほうが、スムーズに片づけられます。

いいですか、実家が賃貸住宅の場合、ひとりで片づけるのは危険!前を見ませんから(-_-;)

「そろそろ天国に旅立つかな、実家を片づける順でもするか・・・」「あっ 来週にはお袋死んじゃうかも、その前に実家を片づけなきゃ・・・」などと、親が亡くなることについて、普段の生活ではあまり意識することってありませんよね? 

大抵は、「実家の片づけはどうしよう」「葬式は何処に頼む」「遺骨は?」「お墓に入れるのは何時」・・・ と、親が亡くなったあとに「やらなくてはいけない事」が出てくるものだよ!

まぁ・・・ 実家が持ち家なら、片づけにも時間をかけることが出来るかもしれません! でもね、アパートや借家といった賃貸住宅の場合、いろんな問題が出てくるので、早急に対応する必要が出てくるはず!

そんなとき、決して「ひとりで全部片づけよう」などと考えないことだよ(^_^;) あなたに限らず、親の家を片づけるのは思いでを掘り起こす行為なので、誰しも、なかなか前に進まなくて当たり前なんだ・・・

なので、短期間で一気に片づけるのであれば、ひとりじゃ無理、なるたけ、手伝ってくれる人に声をかけ、複数人で一斉に取り掛かるようにして下さい!

片づけのタイミングとしては、親の葬式を済ませ、四十九日法要を迎えてからがよく、その頃になると周囲から片づけ反対の声もあがらず、片付けに協力してくれる親戚も出てくるはずです!

いいですか、身近な人が亡くなるということは、それだけ大きな悲しみを背負うことになるんだよ! 親が亡くなったという実感は、葬儀を終えた直後から少しづつ出てくるもの

はじめは「二度と会えない」という虚しさを感じ、強い悲しみに襲われるように・・・ その時期を過ぎると、次第に、悲しみの感情は、後悔の念にかわり、親の死について「もっとこうすればよかった」「たくさん話たいことがあった」「忙しいのを言い訳にしてただけかも・・」と自分を責め、何もする気が起きなくなってしまう(;´Д`)

大抵は、半年もすれば現実を受け入れる準備ができ、気持ちの整理ができてくるんだけど、実家が賃貸住宅であれば、そんな悠長なことをいってられないよね?

周囲の人と協力して片づけ作業をするということは、勢いに任せ流れ作業のように進むことがほとんどなので、「寂しい」「悲しい」「辛い」といった感情が入り込む隙がありません!

だからこそ、手伝ってくれる人に声をかけ、複数人で一気に片づけてしまったほうがいいんです(´;ω;`)

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ