親が亡くなり空き家となった実家を片づけるのは何時がよいのだろうか? 「葬式後?」「四十九日後?」「一周忌を終えてから?」・・・ 片づけるタイミングとしては、何時でもかまいません!

でもね、家というのは、人が住まなくなると傷みやすくなるよ。空き家となって2,3年もすると、畳部屋や浴室、台所の壁にカビが生え、フローリングが腐りだし、あちこち穴があくように! 

外庭は、雑草が生い茂り、周囲からみると不気味さを醸し出す雰囲気が漂うので誰も寄りつきませんが、夜遊びする未成年者やフリーターの遊び場になることも・・・

また、多くの人が「定期的に空気の入れ替えをしながら、片づければよいだろう」と楽観的な考えをするけれど、誰も住まなくなった空き家に、わざわざ空気の入れ替えをしにいくだろうか?

否・・ たしかに、親が亡くなって空き家になった当初は、足繁く通うかもしれませんが、3回、4回と回数を重ねるたび、通うのが面倒くさくなっていかなくなるのがオチです!

あなたが、親の死後、誰も住まなくなった実家を所有しており、且つ、思うように片づけが進んでいないのであれば、いま一度、実家の整理について考えてみてはどうでしょうか?

実家の片づけについて「気持ちの整理がつかない!」という言い訳をしていませんか?

以前、わたしが実家の片づけを請け負ったケースに、母親の葬式のとき、親戚や実家のご近所さんから「家の中を片づけるのは、一周忌のあとでも良いんじゃない? そのほうが○○も喜ぶはずだわ・・」などと言われ「まぁ借り物じゃないし、気持ちの整理をするために、しばらく様子を見ることにするか」とそのまま放置しておいた人がいました。

ただ、わたしの所へ相談しにきたときは、母の葬式から5年が経過しており、庭は荒れ放題、家の中はあちこちガラスが割れ、ラッカースプレーで壁一面に落書きされていたり、酒瓶やビール缶が散乱して足の踏み場もないほど荒んだ状況に・・・(;´Д`)

詳しく話を聞くと、葬式を終えてから半年くらいは月に2,3回、実家に訪れて庭掃除をしたり、空気の入れ替えをしていたようですが、仕事が忙しくなったり、子供が増えたりと、生活環境が変わり、実家から足が遠のいてしまったようです。

数年ぶりに訪れた実家の惨状を目の当たりにし「今、片づけなければ、一生できない」とわたしに連絡してきたとのこと!

結果、家をリフォームして中古住宅として売ることができなかったので、全て処分して更地にし売却することになりました。

このケースでは、片づけ費用に数十万かかり、さらに更地費用も負担し余計な出費が出て行くハメに(泣)

たしかに、空き家となった実家を片づけるのは、管理する息子さんや娘さんの気持ちが前向きでないと、なかなか手を付けにくいのはわかります。

でもね、親の死後、2年も3年も空き家となった実家を片づけないのは「心の整理がつかない」というより「面倒くさい」という気持ちが大半を占めていませんか?

それってもの凄く勿体ないことしてるんだよ、空き家となった実家とはいえ、毎年、固定資産税は発生しますし、時間が経てば経つほど家の腐食は進むから、業者に依頼する撤去費用も高額になってくるしね!

なので・・・ 空き家となった実家の片づけは「○月○日までに整理する」と期限を決めて取り掛かることが大切なんです!

いいですか「面倒くさい」と思えるものほど、さっさと手を付けてしまえば、無駄な経費がかかることもなくなるってものだよ(;´Д`)