遺品整理:実家の片づけで意外と困る家電機器の処分方法!




実家の片づけで、重くて処分に困るごみといえば、エアコンやテレビ・・・それに冷蔵庫や洗濯機などがあるよね!

これらは、家電リサイクル法によって指定された場所でしか受け取ってもらえないので注意が必要です。

もちろん製造年月日が新しければ、リサイクルショップが引き取ってくれるけど、製造から3年以上経っている家電機器はお金を出しても引き取ってくれません(-_-;)

ちなみに、インターネットオークションのヤフオクでは、製造から3年以上経っている家電機器や動かない家電機器でも、部品取りのために落札されることもあるので、試しに利用してみてもよいでしょう!

最近のヤフオクは、商品の出品から落札者への発送までスマートフォンがあれば簡単に手続きを行なうことができるのでとっても便利ですよ!

扇風機や電気スタンド、置き時計といった小さな家電機器は細かく分けて処分するとお金の節約になる!

扇風機や電気スタンドといった小さな家電機器ってゴミ袋に入れるには大きすぎるし、粗大ごみとして出せば処分費が発生してしまう(-_-;)

なので、金属部分、プラスチック部分、ごみ部分と細かく分解して市町村役場のごみ収集日に出せば、出費を抑えることも可能!

ただし、家電機器を分解するなら、必ずコンセントからプラグが外れているか、確認するのを忘れずに・・・・

なかには「わたしは大丈夫!」という人もいますが、そういう人ほど、プラグが外れていないまま家電機器を分解して、電気が流れている部分に接触し大怪我を負ってしまうから注意することね(-_-;)

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ