生活のスタイルが変化するなか、「できるなら葬式にお金をかけたくない」という利用者のニーズの高まりによって、葬儀社も小さな葬式スタイルを提案するようになってきてます。

従来はご近所との付き合いが深かったり、家族や親戚が何かと世話してくれることが多かったため宗教的儀式を重んじるスタイルが一般的でしたが、最近では親しい人だけで故人を送る「家族葬」など小さなお葬式を依頼する利用者が増えてきました。

もはや、お葬式のスタイルを選ぶのは、利用者にとって当然のこと、どのようなお葬式が良いのか、生前から家族で話し合って決めるのは、葬式後に後悔しないためにも大切なことなんですよ!

故人を偲ぶ気持を大切にするからこそ、お葬式選びは慎重にしたいもの

お金をかけない葬式スタイルとして最近注目されているのが、「家族葬」・「一日葬」「直葬」など3つの小さなお葬式です。なかでも親族など限られた人だけで行う「家族葬」は、従来の葬式に比べ価格を抑えながら通夜と葬儀を行うことができるので、近年ニーズが高まり利用者が急増しています。

ただ・・・どの葬式スタイルを選ぶにしても、家族が亡くなってから葬儀会社を決めようとすると費用が高くなってしまったり、する必要のない手間が増えてしまうので、できることなら家族が生きているうちに、キチンと話し合いをして生前予約をしておきたいものです。

それぞれのお葬式の特徴はコチラ
家族葬
従来の葬式と違い、弔門客の人数を家族、親族、友人など故人と親しい方々に制限して、お別れの時間をゆっくりと共有できるスタイルで、従来のお葬式と同じように通夜や葬儀・告別式を行うことができる!
家族葬の特徴としては、従来の葬式では家族が弔客の対応に追われてしまい、亡くなった家族とゆっくり過ごす時間がとれなかったり、葬式費用がいくらかかるか分からないなどの不安な面が大きかった反面、家族葬では人数を制限することで時間にゆとりができたり、費用の節約につながります。
一日葬
家族葬が人数を削ることで通夜と葬儀・告別式を2日間にわけて行うことが出来たのに対し、一日葬は通夜を行わずに葬儀・告別式のみで済ますスタイルとなっています。
通夜を行わないので式場のスタッフも葬儀社の担当者のみで、参列者も家族や親族を中心とした近親者のみのお葬式となっていて、家族葬よりも時間を短く出来たり、かかる費用を抑えることができます。
直葬
この言葉の由来は、ご遺体が警察署から火葬場へ直接送られる直送からきているといわれ、葬儀社が「送」を「葬」に置き換えて出来た新しい葬式スタイルです。病院や自宅でご臨終を迎えると、すぐに火葬場へ向かい、弔門客もお坊さんも呼ばずに限られた遺族だけで火葬に立ち会うといったスタイルのこと。
通夜や葬儀・告別式を行わないので、「葬式」に当てはまらないのですが、都市部で行われる葬式の約3割は直葬が選ばれています。ただ、直葬を行なった遺族の多くは、後で通夜や葬儀を行わなかった事を後悔する方もいるので、値段だけで決めるのでなく、慎重に考えてから直葬を選ぶことです。

葬式のスタイルを選ぶときに出てくるQ&A

以下は、葬式のスタイルを選ぶときに出てくる疑問をQ&Aで紹介しているので参考にして下さい!

Q:亡くなった家族と宗教が違うときはどちらを選ぶべきなの?

A:一般的には亡くなった家族の信仰を尊重することが多いようです、しかし仏教とキリスト教など葬式のスタイルが大きく違うときは、僧侶・神父・牧師などと相談して後で問題が起こらないようにして下さい!

ただ亡くなった家族が壇家や菩提寺を利用していて、これからも利用するのならば、そちらを優先したほうがよいでしょう! どちらにしても一方的な判断で葬式をすすめるのではなく、キチンとした話し合いをすること

Q:家族葬に反対する親族がいて困っています(汗)

A:従来のしきたちを重んじる人からすると、人数を制限する家族葬に不満を持つことは仕方ありません! しかしその人達が葬式の費用を肩代わりしてくれたり、通夜や葬儀・告別式の忙しさを引き受けてくれるのではない筈です。

なので、不満を言われたときは「故人の意思を尊重します」と伝えて相談すること! ただし、人数を制限する時に注意しないといけないのは、知らせなかった人から不満がでないように葬式を終えてからの対応はしっかりと行うことです。

Q:最後ぐらいは自宅で送ってあげたいのですが、自宅葬は大変ですか?

A:大変といえばそうでしょう、私的な意見としては、持ち家があるなら自宅で行なったほうが良いと思います。

反対にアパートやマンションであれば、祭壇を置くスペース、通夜ふるまいの部屋の確保など部屋の大きさも考えないといけなかったり、隣に住んでいる人への配慮を考えると会場で行なったほうが無難でしょう!

なるべくなら亡くなられた故人の意志を尊重したいものですが、残された家族がトラブルに巻き込まれる可能性も考慮しながら、葬儀する場所は選びたいものですね!