お葬式の喪主を誰にするかは話し合いでOK必ず長男という決りはない




喪主とは、お葬式の主催者の事をいいます。故人が生きているときに喪主を指定している場合はそれに従い、反対に指定がない場合は慣習に従うことがほとんどです。

ひと昔前は、家を継承する長男が喪主を務め、家督を継ぐ代わりに葬儀の費用も長男が負担することが当たり前でした。しかし家督の継承という考え方が薄れてきた現在では、必ずしも長男が喪主を務めなくてもよくなってきている!

現在では「喪主=遺族の代表」との考え方が一般的になり、夫婦の場合は配偶者が務めることが多くなっています。また成人した子どもが喪主を務める場合も長男とは限らず、長く故人の世話をした長女や次男が喪主を務めるケースが増えています。

それ以外にも、未婚の人が死亡した場合は、親または成人した兄弟。家族が居ない場合は、おじ・おば・いとこが喪主を務め、故人に血縁者が居ないときは、友人が喪主を務める場合が多いようです。ただし血縁者以外が喪主を務めるときは「友人代表」とか「世話人代表」といった肩書を使うことが一般的。

喪主と施主の違いは・・・

喪主とは
喪主は祭祀の主催者でお葬式全般に関わる者のこと
施主とは
葬儀の金銭的な負担や運営の責任を負う人のことで、通常は喪主と施主は同じ人の場合が多い
喪主と施主の使い分けの例
例えば、故人の配偶者が高齢のときは、配偶者が喪主となり、子どもが施主となります。また故人が離婚して配偶者がおらず、子どもが未成年者の場合は、親族から後見人を立て、施主となることもあります。

喪主を選ぶときに出てくるQ&A

以下は、喪主を選ぶときにに出てくる疑問をQ&Aで紹介しているので参考にして下さい!

Q:喪主は誰が務めてもよいのでしょうか?

A:法律や条例などでは、喪主を誰にするかについて特に決まっていません!ただし一般的には配偶者・子ども・兄弟姉妹などの順に、亡くなった家族と縁が深い人が務めることが多いようです。

また喪主は複数でもかまいません。配偶者と子ども、あるいは子どもたちが共同で喪主を務めることも可能です。選ぶときに揉めるようであれば共同で喪主を務めたほうが良いでしょう!

Q:喪主って何すればよいの?悲しくて何も考えられそうにないけれど

A:喪主の役割として、通夜や葬儀の他に葬式がすんでからの初七日や四十九日など故人を偲ぶ法要を行う主催者という立場となります。

お葬式の日時を決めたり、弔問客や僧侶への対応・あいさつ・お礼・事務処理など、やらないといけないことは沢山ありますが、通常は家族や親族などと協力して行うか葬儀社の社員と分担することが一般的なので、全部自分で行うこと事態そう多くはありません!

Q:世話役って必ず決めないといけないのでしょうか?

A:通夜・葬儀に必要な世話役の行うことは、受付・会計・返礼品・宴席接待・携行品・道案内・駐車場案内・宗教者の連絡・送迎など多岐にわたります。

ひと昔前だと近所のおじさんやおばさんが引き受けてくれることが多かったようですが、近所付き合いが少なくなった現在では、兄弟や親族で役割を分担するか葬儀会社に任せることがほとんどです。

またお葬式の規模が大きくなると、家族や親戚だけで行うのは難しく負担もかかることから、葬儀会社や斎場の社員に任せてしまうケースが増えています。

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ