喪主・遺族などの近い親族は通夜から喪服を着けるのが一般的。とりあえず着るものがなければ、出来るだけ地味で目立たない服装をするように心がけること!

ただし、葬儀や告別式の時は略礼装を着用するようにして下さい!

以前は、男性が洋装を着る場合は正礼装(モーニング)とされていたようですが、現在では社葬などの大きな葬儀以外では通夜・葬儀の両日とも略礼装(ブラックスーツ)を着るケースが増えています。

女性が洋装を着る場合は黒のアンサンブルやワンピースで袖丈の短いのものは避けること、靴は低めの黒いパンプスを履きバッグやアクセサリーは黒で光沢のないモノを選ぶようにして下さい!

子どもが着る服装は、学校の制服が一般的です。学校が制服指定でない場合は、紺や黒などの地味で目立たない服装をして靴下は出来れば白か黒を履くようにして明るい色は避けること!

喪服のスタイルは略礼装が主流![仏式]

男性
m-mofuku
ブラックスーツが基本
靴は黒一色でツヤがないもの。
靴下やソックスは無地の黒以外はNG
黒色のベルトで地味で目立たない金具が良い
カフスボタンも黒色を使うようにすること
女性
wm-mofuku
黒のアンサンブルやワンピースで袖丈の短いものは避けること
低めの靴で黒いパンプス系でツヤがないのを選ぶこと
バッグやアクセも黒で統一して
ストッキングも地味な色か黒を選ぶこと
ピアスやイヤリングは出来ればつけないこと
子ども
m-mofuku
基本は学校の制服を着て下さい!もし制服がない場合は、紺・黒で統一した服装をすること!

喪服を選ぶときに出てくるQ&A

以下は、喪服を選ぶときに出てくる疑問をQ&Aで紹介しているので参考にして下さい

Q:叔父の葬式に黒のデニムパンツとジャケットで参列してたいのですが?

A:黒のデニムパンツを履いての参列はおすすめ出来ません! できれば黒のスカートかワンピースにジャケットがよいでしょう!

最近はパンツスーツを履く女性も増えていますが、年配者の中には批判的な意見も多いので状況に合わせて選ぶことです。

Q:夏場など、暑い時期に参列するときは半袖でもよいのでしょうか?

A: 一般的な考え方では、葬儀時に肌を露出することは好ましくありません!葬儀場の外では構いませんが、葬儀の最中や告別式の間はジャケットを羽織ること!

Q:乳幼児を連れての参列は大丈夫?その時に着せる洋服は何がよいの?

A:家族に乳幼児の面倒をみてもらうことが出来るなら葬式に連れていかないこと!もし連れて行くのなら幼児の場合、白や黒などのシャツやブラウスを着せ地味な服装にすること。

乳児の場合はとくに決まりはありませんが、あまり派手な服装だと批判的な目でみられるので注意が必要して下さい!

Q:お通夜の時の服装はブラウスでも大丈夫ですか?

A:通夜は派手めな服装でなければ私服でも良い場合がほとんどです。急な通夜で喪服の準備ができてないときは、とりあえず白や黒ののブラウスであれば大丈夫でしょう!

ただ、デザインが華やかなものは避けできるだけ地味な服装を心がけて下さい!

Q:勤め先の上司のお通夜に喪服を着ていこうと思っていますがいけませんか?

A:お通夜に喪服を着て弔問するのは、遺族に(死ぬのを)待ってましたという印象をあたえてしまうのでよくありません!

なのでお通夜に着ていく服装は普段来ている格好で大丈夫です。ただし結婚指輪以外の装飾品は外して弔問して下さい!