自宅で葬式を行わない場合は早めに通夜ぶるまいを切り上げてもよい!




僧侶の読経や焼香がすんだ後に、おこなう通夜ぶるまいでは、食事や飲み物で通夜に参列してくれた弔問客をもてなし、故人との思い出を語り合うのが一般的です。

自宅で通夜をおこなう場合は、線香の火を絶やさないように家族や親族が交代で、夜通し寝ずの番をすることありますが、式場で通夜をおこなう場合は、夕方の18時頃から始まり、遅くても22時頃までには通夜を終えるケースが増えています。

お通夜の一般的な流れ[仏式]

入場
喪主・遺族・参列者を式場内へ案内する。出来れば通夜の始まる15分前までには着席をお願いしておく
僧侶の入場・読経
一同で僧侶を迎え、読経を静かに聞き、故人への思いを寄せる
焼香
読経が終わると、僧侶の案内により焼香が始まります。焼香は故人との縁の深い順に、喪主→遺族→親戚→来賓→場内の参列者→一般弔問客と続きます。 弔問客の焼香時には喪主・遺族は軽く目礼を返せばよい。
僧侶の法話
焼香の途中や焼香後に僧侶が故人をしのぶ法話や説教を行うので静かに話しを聞く。
僧侶の退出
焼香と法話が終わると僧侶が退出するので、一同で見送ります。
喪主のあいさつ
弔問へのお礼と、生前に故人がお世話になったお礼を述べ、通夜ぶるまいの席へ案内する。
通夜ぶるまい
故人をしのびながら会食をおこなう。喪主は全ての弔問が終わりしだい、通夜ぶるまいの席で弔問客をもてなす。
閉会のあいさつ
通夜の儀を終えるために、喪主が弔問へのお礼と、葬儀と告別式の案内をおこなう。

通夜ぶるまいのときに出てくるQ&A

以下は、通夜ぶるまいのときに出てくる疑問をQ&Aで紹介しているので参考にして下さい

Q:通夜ぶるまいは必ずしなくちゃいけないの?

A:これは香典辞退を行う遺族からよく聞かれる質問ですが、一般的にはほとんどの葬式で行います。ですが遺族に事情がある場合や、式場の都合などで通夜ぶるまいの代わりに酒と軽食などをお渡しすることも出来ます。

私的な意見としては、どのような事情であれ生前に故人と関わりのある弔問客が思い出話をして時間を共有する場は30分という短い時間でもいいので提供したいものです。

要は、葬式を行う喪主や遺族が、弔問した客を「ふるまう気が有るか・無いか」で通夜ぶるまいの有無は決まります。

Q:僧侶も通夜ぶるまいに同席させないといけないの?

A:遺族の気持ちや僧侶の都合にもよりますが、壇家や菩提寺からの僧侶であれば、後々の付き合いも考えて同席してもらったほうが無難でしょう! 反対に葬儀社に依頼された僧侶であれば、その時の状況によって同席の有無を決めるのとよい!

Q:通夜ぶるまいはどのタイミングで終わればよいでしょうか?

A:ほとんどの場合、通夜ぶるまいが始まってから1~2時間ほどで、喪主や遺族の代表がお礼の挨拶と葬式・告別式の案内を呼びかけて終わることが多いです。ただし、遺族によっては挨拶をせずに各自でお開きとする場合もあるのでケース・バイ・ケースと考えてもよい!

葬式を行う式場によっては閉館の時間が決まっていて、時間が来ればスタッフが連絡して終了の合図をしてくれます、なので閉館に合わせて通夜ぶるまいを終えるのもひとつの選択です。

Q:通夜ぶるまいのあとは何をすればよいの?

A:葬儀社に一任している場合は、翌日の葬儀や告別式の打ち合わせを行います。また香典の集計を依頼している場合は弔問客の名前と住所の確認も行なっておくこと。弔電が届いている場合は読み上げるものを選んでおいて下さい!

いずれにしても、葬儀中の喪主は冷静な判断が出来ないことが多いので、家族や親族がしっかりとサポートして、故人を見送る準備をしたいものです。

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ