葬儀・告別式を終えると遺族や親しい友人は、「お別れの儀」をおこない一人ひとりが故人と別れを告げる「お別れの儀」を行います。

このとき、他の参列者は外に出て出棺を待ち、火葬場に同行する近親者や親しい友人のみが式場内に残ります。

告別式を終えると最後の別れ花を棺に添え故人に別れを告げる

式場では、祭壇から棺を下ろし、頭が北を向けておきます。ほとんどの場合、葬儀社のスタッフが行いますが、なかには遺族や友人が直接棺を移動することもあるのでケース・バイ・ケースで行なってもよい。最後の別れ花は棺の周りを見送る人で囲み、別れ花を棺の中に入れながら故人と最後の対面をおこないます。

別れ花を沿え終わると棺の蓋が閉じられてしまうので、棺に納めたい遺品やメーッセージがあれば蓋を閉じる前に入れておくこと!

棺を霊柩車に運び、喪主が挨拶を終えてから火葬へと向かうのが一般的

近年はあまり見られなくなりましたが、棺の蓋を閉めるときは「釘打ちの儀式」をおこない石で釘を打ち棺の蓋を閉めます。棺の蓋が閉められると、6人ほどの男性を中心に足を先にした方向で棺を外に担ぎ出し、霊柩車に運び入れます。

このとき位牌を持った喪主・遺影を持った遺族が、あとに続いて霊柩車まで足をはこびます。棺を霊柩車に納めてから、式場の外で見送って下さった人に対して、喪主がお礼のあいさつを行なってから出棺となり、この時点で火葬場へ向かうことになる。

※火葬場へ向かう際は、役所へ死亡届を提出した時に交付される「火葬許可証」を必ず持参するのを忘れないこと! ただし、お葬式を全て葬儀社に一任しているときは、スタッフが死亡届の提出を代行して行ない、火葬場への手続きの一切を取り仕切るので心配はいりません!

火葬場での収骨までの流れ

納めの式
火葬前に読経と焼香をおこなう。
火葬
故人と訣別[けつべつ]を告げたら、ご遺体を荼毘[だび]に付す
収骨
箸を用いて、遺骨を骨壷に納める。

火葬場に到着すると、棺は炉の前に安置されます。持参した位牌と遺影を用意されている祭壇の机に飾り、「納めの式」をおこないますが僧侶が同行しない場合は焼香のみ行なっても構いません!

故人と縁の深い順に全員が訣別を告げると、ご遺体は荼毘に付されます。火葬を終えるまで最高で2時間程度の時間を要するので、同席した参列者と故人の思い出話しをすると良いでしょう!

火葬を終えると「収骨」を行います。この時に箸を用いるのは「箸」と「橋」が同じ呼び方であることから、この世からあの世への橋渡しをする意味あいを持ち合わせています。

火葬のときに出てくるQ&A

以下は、火葬のときに出てくる疑問をQ&Aで紹介しているので参考にして下さい

Q:火葬場には遺族や親族全員が行かないと駄目ですか?

A:それぞれの事情にもよりますが、全員とはいかなくても故人と繋がりが深い方で希望された場合に、同行してもらえば良いでしょう!ただし、事前に人数を把握しておくと、マイクロバスの手配や、火葬場での待ち時間にお出しする軽食の準備をスムーズに行うことが出来ます。

Q:火葬場の係に心づけは必要なのでしょうか?

A:地方にもよりますが、慣習となっている場合が多いようです。火葬場の係員(公営施設は除く)、霊柩車、ハイヤー運転手などに包む金額は3,000円~5,000円くらいが相場となっています。一般的な渡し方は、白い袋などに入れ、その都度お渡します。

Q:分骨をする場合はどのような方法がありますか?

A:壇家や菩提寺が遠く、近くに設けたお墓に納めたいと希望される場合に、分骨をされる方が多いようですが、一般的には事前に葬儀社に分骨用の小さな骨壷や錦袋を用意してもらいましょう!あと、火葬場で分骨証明書を発行してくれるので貰うのを忘れないように!

趣旨とは少し変わりますが、埋葬後に分骨を希望される場合は、納骨された墓所に分骨したい旨を申し出て[焼骨の埋蔵証明」を取得することになります。

Q:遺骨を拾うときは特別な作法があるのですか?

A遺骨を拾う収骨は、ふたり一組になって、竹の箸でひとつひとつの遺骨を一緒にはさんで拾うのが一般的です。骨壷に遺骨を収めたら、次の参列者に箸をわたして交代して下さい。

収骨するときの手はずは、足の骨から上半身の骨に向かって拾い上げるのが通説で、最後に故人と血縁の深い人が、のど仏の骨を拾い納めて収骨を終える事が多い。収骨が済むと、骨壷は埋蔵許可証とともに白木の箱に納められます。