QLOOKアクセス解析

葬儀を終えてから初七日までに行う引き継ぎとあいさつ回りを忘れずに




Sponsored Link

慌ただしいお葬式が無事に済むと、安堵感から気が抜けてしまいがちですが、葬儀当日に済ませなければならない事や、初七日までにお世話になった方へあいさつに伺うなど、葬儀後もやらなければいけない事がいくつかあります。

Sponsored Link

世話役や会計係からの引き継ぎと初七日までにお礼に出向いておく

葬儀を終えたその日のうちに、世話役や会計係から事務の引き継ぎを行うこと。参列者名簿・供物・香典の控え・弔電や弔文などを引き受け、会計の精算や立替金の返済をします。

この時に領収書を確認して収支と残金の確認をしておくこと。またお葬式にかかった費用の領収書は、葬祭費(埋葬料)の請求や相続税申告の時に必要になってくるので必ず保管しておいて下さい!

それと、葬儀費用は相続税控除の対象なので、お葬式時の領収書は一覧表を作り失くさないように保管すること!他にも国民健康保険や社会保険に加入していれば、葬祭費の補助金を受け取ることができます。

ただ、申請期間は葬儀後2年以内と期間が決まっているので注意して下さい! 手続きをする場合は自治体や故人の勤務先に連絡して申請するようにしましょう!

お葬式の当日に葬儀事務の引き継ぎをしておくこと

葬儀と告別式を終えるのは夜遅くになることが多いと思いますが、喪主や遺族代表はすみやかに、世話役代表や手伝いの方から、葬儀事務の引き継ぎを行い会計係と一緒に収支や残金の確認を済ませ、領収書と会っているか目を通すことを忘れないように! 

また立替金の精算は当日に行うようにして、ずるずると支払いを引きずらないようにしておく事も大事! それと、領収書は相続税の控除や葬祭費の請求に必要となるので、その都度、受け取ってから保管するようして下さい!

引き継ぎで世話役から受け取るもの一覧!

会葬者名簿 香典 弔辞・弔電3
支出金の領収書 会計の収支記録 弔問客の名刺
香典の記録帳 供物、供花の記録帳 各種 請求書

寺院へのお礼は、翌日もしくは翌々日までにすませるように

葬儀を執り行ってもらった寺院へは、遺族が翌日か翌々日までにお礼に行くようにすること、それとお礼に着ていく服装は礼装が一般的です。

Sponsored Link

また、葬儀当日にお布施などのお礼を渡していない場合は、この時に渡すようにします。万が一、お礼の金額が決められていない場合は、あらかじめ葬儀の前に寺院へ直接問い合わせるか、依頼した葬儀社へ相場を聞いておくとよいでしょう!

葬儀費用や斎場利用費などの支払いに疑問があれば必ず確認すること!

葬儀社への葬儀代金の支払いは、後日請求書が届いてからでも大丈夫です。ただし支払いは見積書の金額と請求金額に違いがないか十分に確認して、少しでも疑問があれば問い合わせることを忘れずに!

斎場利用代や葬儀に利用したお店等の支払いについても、請求金額を確認してから支払うようにして下さい。 それと、お葬式での領収書は相続税の控除対象となったり、葬祭費の請求に必要になってくるので必ず保管しておくこと!

引き継ぎとあいさつ回りのときに出てくるQ&A

以下は、引き継ぎとあいさつ回りのときに出てくる疑問をQ&Aで紹介しているので参考にして下さい

Q:葬儀を依頼した僧侶へのあいさつはいつ頃がよいの?

A:寺院へのあいさつは、後々の四十九日法要や納骨の日程、手順の確認など葬儀後の法要についての打ち合わせがあるので、お葬式を終え2~3日以内に寺院に伺うようにすること!

Q:ご近所の方へのあいさつ回りは行なったほうがよいのでしょうか?

A:持ち家の場合で、近所と付き合いがあれば、菓子折りを持参し無事に終了した旨の報告を行なったほうがよいでしょう!

反対にマンションやアパートで暮らしている方で、お葬式を自宅で行わず、近所にも親しいお付き合いしている人がいなければ、特に気にする必要はありません!

Q:供物や供花を送らえた方へのお礼はどうしたらよいでしょうか?

A:ほとんどの場合は、香典返しに上乗せしてお返しすることが一般的です。ただ、香典返しとは別にお礼をする場合は、「志」・「粗教養」・「御礼」などのかけ紙をつけ品物と一緒にお礼状を添えておくります。

Q:故人の勤務先には、どのようなお礼を包むとよいのでしょうか?

A:一般的には香典返しと同じお礼の仕方で大丈夫です。ただお礼をするときは直接勤務先に伺い、お世話になった方に感謝の気持を伝えると良いでしょう!

勤務先に伺うときは、自宅に会社からお借りしている物がある場合は、返却するのを忘れずに! また勤務先に故人の私物がある場合は持ち帰ること!

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ