香典返しは四十九日の法要後に忌明けの報告と香典のお礼をかねて行う




香典返しは、いただいた香典へのお礼として四十九日の法要を終えた後に忌明けの報告とお礼をかねて行います。本来、葬儀で頂いた香典のお返しはしなくてもよいものでしたが、最近では感謝の気持ちを込めて、いただいた金額の半額~3分の1くらいの品物をお返しするのが一般的となっています。

その一方で、一家の生計を担っていた方が亡くなられた場合は、香典を生活費に充てたり、生前の故人の意思で香典をNPOや特定福祉施設へ寄付や募金をしたりするケースもあるので、必ずお返しをしなければいけない、というわけではありません!

ただし、香典返しを行わない場合は忌明けの報告とともに、香典返しをしない旨を書き添えたあいさつ状を送るようにすること!

四十九日を迎えたら忌明けの報告と香典返しで礼を尽くす。

四十九日の法要を終えると忌明けの報告と香典返しを行ない、香典を包んでくれた弔問客にお礼を行ないます。元々は、あいさつに伺って忌明けの報告と品物を直接お渡しするのが礼儀とされていました。

ですが、遠方からの来られた弔問客が多かったり、遺族が仕事で都合が取れないなど時間も限られてくるので、現在では直接お渡しするよりも、忌明けの報告と品物を添えて郵送することが一般的となっている。

香典返しののし紙と表書きの書き方

香典返しの品物には、弔事用のし紙を使い、水引きは黒白の結び切りが基本! 表書きには、仏式であれば「粗供養」・「忌明志」・「満中陰志」などと記すこと。また「志」と記せば仏教を含め他の宗教でも使うことが出来ます。

b-nosigami

香典返しに行う品物と金額の目安

香典への返礼は半額返しが一般的といわれています。ですが品物の金額を、いただいた香典の半額も使ってしまうと、宅配費用が不足してしまうので、品物にかける金額の費用は3分の1程度が目安といわれています。

なかには高額の香典をいただく場合もありますが、あえてその金額に見合うものを選ぶ必要はなく、気持ちの範囲でお返しをするとよいでしょう!

最近では、忌明けの報告と一緒にカタログをお送りして、その中から自由に選んでもらうというシステムを利用するケースが増えています。

香典返しを送る時期は四十九日の法要を迎えたあとが一般的!

本来、香典返しを行う時期は、四十九日の法要を迎えてから忌明けの報告とともに香典返しを行うのが一般的です。ただ近年はお葬式の当日に香典返しを行う「即日返し」を行う遺族が増えています。

これは後々の香典返しを行う時の負担を最小に抑える為であったり、香典に選ぶ品物を2千~3千円で統一することによって、金額の差額を少なくしようという考え方が、利用する側に受け入れられているようです。しかし、中には高額な香典をいただく事もあるので、その際は後日、別の形でお礼をする場合が多いようです。

また、後々の香典返しを行わないかわりに香典を辞退し、1,000円程度の「会葬返礼品」で済ませる遺族も都市部を中心に増えつつあります

香典返しを行うときに出てくるQ&A

以下は、香典返しについて出てくる疑問をQ&Aで紹介しているので参考にして下さい

Q:遠方から香典を郵送した方にはどのようなお返しをしたらよいの?

A:一般的には忌明け(初七日)から1ヶ月が過ぎた頃にお返しをすることが多いです。郵送で構いませんので忌明けのご報告と品物を添えるとよいでしょう!

Q:四十九日法要の時に参列した方に香典返しをお渡しするのは失礼なこと?

A:四十九日の法要は需要な儀式のひとつなので、香典返しは後日、郵送するか足を運んでお渡しするように! 高齢の方は、しきたりや儀式を重んじる場合が多く、四十九日の法要に香典返しを受け取ると立腹されることがあるので注意すること!

Q:「即日返し」と「忌明け返し」のどちらに香典返しをすればよいの?

A:本来なら忌明けから1ヶ月を迎えた後に香典返しを行うのが一般的ですが、近年では通夜・告別式で「即日返し」を行う遺族が増えています。どちらが良いという事はなく、手間を掛けるか掛けないかの違いで選択することが多いようです。

Q:家族葬の為、香典辞退を申し出たが送ってきた時はどう対処すればよいの?

A:送らえた方の気持に感謝する一方、同程度のお返し品とお礼状をお送りするとよいでしょう! 故人を想う気持ちがあるからこそ、形として香典をお送りしいるので、気持ちを粗末に扱ってはいけません!

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ