お通夜に参列する際に困らないよう気をつけたい基本的な作法と心構え




葬儀または告別式に参列できない場合は、お通夜に参列して故人との最後の別れをおこないます。基本的には、通夜に参列し、故人のご冥福を祈り焼香を行なった後、通夜ぶるまいで故人と最後の食事をする流れが一般的!

通夜へは時間に余裕を持って着くようにすること

通夜は故人への哀悼の意をあらわす儀式なので、参列者はマナーを守り遺族の気持ちを思いやる行動をとるように心がけることが大切です。

またお通夜へ参列する場合は、定刻より早めに着くようにすること。遅刻して参加するのは失礼な行為なのでやってはいけません! やむを得ない事情で途中で抜ける場合は、一番後ろの席に座るようにして、焼香を済ませてから退席して下さい。

尚、故人と親しい間柄であれば喪主または遺族に「退席する旨」を伝えるのを忘れずに!

喪主や遺族への挨拶は簡素で手短に伝えること

遺族へのお悔やみの言葉は短い言葉で伝えるとよいでしょう! 小さな声で控えめに「このたびはご愁傷さまです」・「突然のご逝去、ご冥福をお祈りします」・「ご冥福をお祈りします」などと述べるだけでも、気持ちは十分に伝わります。

それと、遺族への心遣いをするのはかまいませんが、故人のことについていろいろと詮索するのは、遺族に対して失礼な行為なのでやらないこと! またあいさつの後は必ずお辞儀をして席を立つようするとよいでしょう!

また、感極まって上手く言葉に表すことが出来ない場合は、黙礼をして席を立ってもかまいません!大切なのは故人を偲び、遺族をねぎらう思いを持ちながら接することです。

自宅や葬儀を行う会場に着いたとき、受付での対応の仕方

お通夜に参列する時は、出来るだけはやめに会場に着くように心がけること。遅くともお通夜の始まる10分前には受付をすませておきたいものです。

それと、記帳や香典をわたす順序は、お葬式によって変わる事があるので、方法が分からないときは遺族もしくは葬儀社のスタッフへ声をかけ、教えてもらうとよいでしょう!

かるく一礼をした後に香典をわたす
受付でお悔やみを述べて一礼し、香典を差し出します。※香典を差し出す時は、表書きの文字を相手が読めるよう向けて差し出すようにして下さい。
芳名帳に氏名及び住所を記入する
香典を差し出すと、芳名帳に氏名と住所を記帳してから、一礼して受付を後にします。
会場に受付がない場合の対応
受付の準備が出来ていない、もしくは受付を設置しない葬式では、遺族にお悔やみの言葉を述べてから直接香典を手渡す場合と焼香の時に祭壇に供える場合があります。こうしないといけないといったしきたりはないので、遺族側の対応をみて、渡せる時に香典を差し出してもかまいません!

お通夜に参列するときに出てくるQ&A

以下は、お通夜に参列するときに出てくる疑問をQ&Aで紹介しているので参考にして下さい

Q:仮通夜と本通夜と通夜が2つあると聞きました。どちらに参列するの?

A:近親者であれば仮通夜と本通夜のどちらも参列すべきです。反対に近親者でなければ本通夜のみの参列でかまいません!なかには、故人と親しい間柄であった場合は、両方の通夜に参加する方もおられますので、必ずそうしないといけないという決まりはありません!

Q:友人の香典を頼まれたのですが、芳名帳に記帳するのは友人の名前だけ?

A:2通りのケースが考えられます。自分も葬儀に参列し、香典を預かっている場合は自分と預かった人の名前と住所をそれぞれ記帳します。その一方で代理人として参列する場合は、香典を包んた人の名前と住所を記帳し、名前の下に「代理」と書き、傍に代理人の名前を小さく書き添えて下さい!

Q:急な用事があって通夜ぶるまいに参加できません!どうすれば良いの?

A:通夜ぶるまいはの趣旨は、食事をしながら故人との最後の時間を過ごすことで、故人との別れを偲ぶ意味合いを持っています。

出来ることなら、ほんの短い時間でも食事を摘まむのが礼儀なのですが、急ぐ事情があるなら参加せずに席を後にしてもかまいません! ただ、そのときは遺族の方にひと言あいさつをしてから、席を立つように心がけること!

Q:お通夜での焼香が「回し焼香」といわれましたがやり方が分かりません

A:基本的な焼香の仕方は通常と変わりません、僧侶・遺族の方に一例した後、香炉を正面に起き、遺影に一礼します。

抹香を左手の親指・人差し指・中指の3本でつまみ、目線の高さまで腕をあげてから抹香を香炉に落とすと、最後に祭壇に向かって合唱し、僧侶・遺族の方に一礼した後、両手で香炉を次の人へ回すと焼香は終了です。

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ