世話役の仕事は、葬儀の準備や進行をサポートしたり、弔問客から渡される香典を貰う受付係や、お金の管理をする会計係など、喪主や遺族の裏方としてしっかりとサポートする役割を担っています。

地方などでは、町内会の役員などが実務的なお手伝いをしてくれる習慣がまだ残っているようですが、都市部では葬儀社や葬祭場のスタッフがその役割を担うケースが増えている。

一般的には喪主または遺族が、葬儀全般を管理する世話役代表を決め、世話役代表が受付係や会計係などの細かい作業をする係を決めることが多いようです。また世話役を決める際の基準は、親族や遺族の友人、会社の上司や同僚から選ぶことが多ようです。

一般的な葬儀の世話役と各係との連絡体系

係の種類 担当する手伝いの内容
世話役代表

喪主・葬儀社と葬儀全般について打ち合わせをして各係に指示を出す。

受付係・持ち物預かり係 通夜・葬儀の受付での弔問客への対応。香典を預かり記録帳へ記録、会葬礼状や返礼品を渡す準備
会計係 遺族代表から預かった現金の出納管理。会計簿の記帳を行う
進行・司会係 葬儀の進行について世話役代表、葬儀社と打ち合わせ。弔電の整理。葬儀の司会を行う
台所・接客係 接待用の茶菓子、通夜ぶるまい等の用意。僧侶の接待を行う。

世話役を頼まれたときに出てくるQ&A

以下は、世話役を頼まれたときに出てくる疑問をQ&Aで紹介しているので参考にして下さい

Q:葬儀で世話役を任せられた時は、どんなことをすればよいの?

A:世話役の基本的な仕事は、喪主や遺族に代わって葬儀全般の流れを管理します。少人数でのお葬式では1人でも務まりますが、人数が増えてくると世話役の下に、受付係り・会計係り・進行係りなど担当者を複数おくことになります。

世話役をお願いされた場合は、喪主や遺族の負担を少しでも減らすようにお力になってあげて下さい!

Q:受付係りで心がけなければいけないことはありますか?

A:受付をするときは、おしゃべりを控えること、また久しい親戚や友人が受付に来られても、声を出してあいさつをしたり、長話しをせず、かるく黙礼ですませます。服装は略礼装でかまいませんが、派手な服装やアクセサリーは付けないようにしてください!

Q:友人に世話役を頼まれたときは、どのタイミングで香典を渡せばよいの?

A:通夜・葬儀に参列されるのなら、葬儀会場の受付で記帳して香典を渡してはどうでしょうか?パタパタと慌ただしくして受付をする時間がないのなら、ある程度落ち着いてからでもかまいません! 必ずこの時に渡さないといけないという決りはないので、渡せる時間ができたときに渡すとよいでしょう