QLOOKアクセス解析

「1:【知識】臨終後の処遇と通夜準備」の記事一覧(2 / 5ページ)

通夜ぶるまいは大皿、精進落としは個別に膳の料理を準備しておく

Sponsored Link 仏教の葬式では、通夜のあとは通夜ぶるまい、亡くなってから四十九日後の忌明け後に精・・・

参列者に渡す会葬御礼と香典返しは全く別物!混同してはいけません。

通夜や葬儀に参列した弔問客に会葬礼状と一緒にお渡しする返礼品の事を会葬御礼といい、忌明け(四十九日)以降に送る・・・

通夜や葬儀で渡す会葬礼状は故人又は遺族の想いを表す内容が好ましい

会葬礼状とは、本来、葬儀及び告別式の後に参列者に渡していましたが、現在では通夜や葬儀の当日に供養品と一緒に受付・・・

遺影はその人らしい表情が滲み出てる写真を選ぶのがポイント!

ひと昔前であれば遺影に使う写真といえば正装で正面を向いてかしこまった表情がほとんどで、誰が決めたのか歯を見せた・・・

葬式費用の決定は必ず複数の葬儀社から見積りを取り比較して決める事

遺族の中には葬式を済ませた後に葬儀社から送付される請求書の金額が、見積り時の金額と大きく異なっている事に驚き、・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ